多様なエロティック・ラクテーション

母乳フェチプレイ

風俗遊びは「普段できないプレイを楽しめる」のが魅力ですよね。

その中でもレア度が高いのが【母乳プレイ】です。

ところで、皆さんはいつもどんな母乳プレイを楽しんでいますか?

おそらく、母乳を「飲む・浴びる」ことで満足している方がほとんどではないでしょうか。

あるいは、「赤ちゃんプレイ」を好み方も多いでしょう。

それらは母乳風俗のスタンダードな楽しみ方ですが、母乳プレイの魅力はそれだけではありません。そこで今回は風俗で遊び慣れた方でも楽しめる、ワンランク上のエロティック・ラクテーション(母乳フェティシズム)をご紹介します。


母乳が出る風俗嬢一覧を見る


(1)「母乳をローション代わりにする」

母乳を使ったローションプレイ

母乳の色や質感は人それぞれ。青みがあってさらさらした母乳もあれば、真っ白な母乳や透明な母乳、あるいは黄色っぽくてヌルヌルの母乳もあります。

母乳が黄ばんで脂っぽくなるのは、食生活が原因とか。こうした母乳は赤ちゃんの健康に「悪い」とされていますが、母乳マニアにとっては格好の遊び道具になります。

実は、ヌルヌルした母乳はローションの代用品にぴったりなのです。一般的な市販のローションはすぐに乾いてガビガビになってしまいますが、母乳にほどよく含まれる脂肪分や糖分は天然の潤い成分となって保湿作用を促します。

アダルトグッズを検索してみると「母乳ローション」という商品名が多数ヒットするはず。母乳のヌルヌル感だけでなく、味や匂いを忠実に再現した商品もあって、母乳をミルキーローション代わりに使いたいマニアがたくさんいることがよく分かるでしょう。

具体的に母乳をローション代わりに使用するプレイにはこんなバリエーションがあります。

 

・パイズリ

母乳を使ったローションプレイと「パイズリ」は相性ばっちりです。

妊娠・授乳期はおっぱいがパンパンに張っているため、パイズリするのに打ってつけです。ローションは母乳ほどの潤滑性はありませんが、ペニスの滑りをよくするのに十分です。

しかも、パイズリ中に乳首を刺激すれば、母乳がだらだら溢れ出てきてローションの補充も簡単。ローションが乾く心配がありません。

やり方ですが、まずはペニスを母乳まみれにしてからおっぱいにペニスを挟んでたっぷり擦ってみましょう。縦に挟んでパイズリしてもよし、おっぱいを乳マンコに見立てて直角に挟んでピストンするのもよし。楽しみ方は自由自在です。

また、母乳パイズリは見た目のいやらしさも抜群です。パイズリ自体が卑猥なのに、そこにヌルヌルの母乳が加わることでエロさ100倍。本来は赤ちゃんが飲む母乳でパイズリをしている背徳感で、通常のローションとはまた一味違った興奮を味わえますよ。

母乳パイズリ

 

・素股

母乳をローションの代わりにして「素股」を楽しむのも人気が高い母乳プレイです。

母乳素股のポイントは、何と言ってもビジュアルのエロさでしょう。女性の股間や太腿にねっとり絡みつく白濁ミルクは濃厚な精液そのもの。素股をしているうちにネチャネチャと泡だってきて、いやらしさが一段とアップします。

この時、女性の股間に母乳を塗りたくるのではなく、必ず自分のペニスに母乳をたっぷり塗って素股をするのがコツ。特に、亀頭周りは念入りに塗ってください。そうすることで我慢汁(カウパー氏腺液)と馴染んでさらに滑りがよくなります。

母乳素股

 

・手コキ

母乳をたっぷり塗ったペニスを女性に「手コキ」してもらう、あるいは自分でシゴくのも母乳プレイの変則的なバリエーションの一つです。

女性に手コキをしてもらってもいいのですが、上級者は勃起したペニスに母乳をぶっかけてもらって自分でシコるのもおすすめ。

さらに言葉責めをしてもらうのも効果的です。クチャクチャと淫らな音をたててペニスをシゴく女性に「わたしのおっぱい汁でシコって気持ちよくなるなんて、最低の変態ね」などと罵ってもらえば、より興奮度が高まるでしょう。

母乳手コキ

母乳が出る風俗嬢一覧を見る


(2)「着衣で母乳プレイ」

着衣で母乳プレイ

「WAM」というプレイをご存知でしょうか?

WAMとはウエット&メッシー(WET & MESSY)の略語で、WETは「濡らす」、「MESSY」は「汚す」の意。つまり、WAMは泥やオイルローション、クリームパイなどでドロドロになることに興奮を覚える性癖を指します。

大抵、WAMプレイは着衣の状態で行われます。衣服がずぶ濡れになったり、べちょべちょになったりするところが欲情するポイントと言えるでしょう。

ちょっとマニアックになりますが、母乳を使ってこうしたWAMを楽しんでみるのも母乳プレイの醍醐味の一つです。

ただし、母乳風俗店でこのプレイを行うには注意点があります。

まず、着衣で母乳WAMをしたいなら女性のコスチュームは自前で用意する必要があります。例え、コスプレを導入している母乳風俗店でもお店の衣装を使うのは厳禁。一度プレイしたら、クリーニングしても使いものにならなくなってしまいます。

また、全ての女性がそうしたプレイに理解があるわけではありません。事前にお店のスタッフに母乳でWAMをしたい旨を説明し、お目当ての女性がプレイ可能かどうか確認しておきましょう。

初めて遊びに行くお店や初見の女性にいきなりお願いするのは控えた方がベター。何度か遊んで気心が知れた女性に「実は服を着たまま母乳プレイをしたいんだけど……」と相談して、オーケーしてくれたらリクエストするようにしてください。

衣装の素材は薄手のTシャツやレオタードなどがおすすめです。母乳が出ることによって乳首部分だけが濡れて透けるため、見た目のエロさが倍増します。

可能であれば乳輪部分だけ布を切り抜いて、乳首を露出させるのも効果的です。溢れ出る母乳で胸元だけでなく全身びしょ濡れになり、服が肌にぴったり吸いつくさまは母乳マニアにはたまらない光景です。

(3)「精液と混ぜて飲乳」

母乳の精液カクテル

仮にお相手の風俗嬢が「ゴックン」、すなわち飲精プレイができる女性なら、精液に母乳を混ぜた特製ミルクカクテル(?)を飲ませるのも興奮するでしょう。

かなりマニア度が高いプレイなので、オーケーしてくれる風俗嬢は少ないかも知れません。ですが、もしも引き受けてくれる風俗嬢がいたら超ラッキー。そんな女神みたいな女性がいる母乳風俗店なら定期的に通いたくなりますね。

また、母乳を女性に飲ませるだけでなく、自分で飲むのもありでしょう。例えば常連客になれば、搾乳したミルクを次回の予約までボトルキープしておくのも可能かも知れません。そうすれば、好きな時に来店して母乳入りカクテルを楽しめます。

衛生面などクリアすべき問題点はありますが、母乳バンクが実現しているご時世ですからまったく不可能とも言えないでしょう。

このように母乳プレイをするにしても、アイデア次第で遊び方のバリエーションは色々。

「今までの母乳プレイでは飽き足らない」「母乳風俗遊びがちょっとマンネリになってきた」――そんな方はほんの少し創意工夫してみると、きっと新鮮な興奮を味わえますよ。ただし、くれぐれもマナーを守ることは忘れずに!

母乳好きにとっては夢が広がる話ですね。

母乳が出る風俗嬢一覧