母乳好きのための「赤ちゃんプレイ」講座

赤ちゃんプレイをする男女

母乳プレイのやり方には「授乳」と「搾乳(さくにゅう)」の2種類がありますよね。

授乳とは「母乳を与える」という意味です。

母乳プレイにおける「授乳プレイ」と言えば、母乳を飲ませる・吸わせるプレイ。一般的な授乳プレイは、乳首から直接母乳を飲ませてもらうプレイを指します(対して、搾乳は手や器具を使っておっぱいから母乳を搾り取ることです)。

母乳プレイにもいろいろなバリエーションがありますが、この授乳プレイとの相性がいいプレイと言えば、まっさきに思い浮かぶのが「赤ちゃんプレイ」でしょう。

母乳好きにも人気の赤ちゃんプレイは「幼児プレイ(英語で「エイジプレイ」」の一種です。

ママの濃厚ミルクを乳首から直接飲ませてもらったり、哺乳瓶で飲ませてもらったりして赤ちゃん時代をノスタルジックに楽しめますが、赤ちゃんプレイの醍醐味は母乳だけではありません。実はほかにもさまざまなやり方があります。

今回は奥の深い赤ちゃんプレイについて説明していきます。


母乳が出る風俗嬢一覧を見る


赤ちゃんプレイの極意は赤ちゃんになりきること

おむつを穿いた大人の男たち

おしゃぶりを咥え、よだれかけを着け、股間にはおむつを当てて大人の女性にガラガラであやしてもらったり、お世話をしてもらったり……そんな体験って日常生活ではなかなかできるものではありませんよね。

赤ちゃんプレイは「大きな赤ちゃん」になりきって、ママ役の相手に甘えて自分を委ねることができるのが大きな魅力でしょう。

赤ちゃんですから、基本的に移動は「ハイハイ」です。普通に「あんよ」は許されません。「立っち」したいときはママ役に許可を取る必要があります。

赤ちゃんはもちろんアソコに毛など生えていませんから、剃毛する必要もあります。また、ママ役とのコミュニケーションは赤ちゃん言葉(喃語:なんご)で行われます。わがままが許される反面、そうした制約があるのも赤ちゃんプレイの面白さだと言えます。

愛好者は若い男性よりも中年男性の方が多いとか。中年男性はストレスをたくさん抱えているため、自分を解放することでやすらぎや癒しを得たいという欲求があるようです。

また、社会的地位が高い男性がハマりやすいとも言われます。偉くなると叱ってくれる人が周囲に少なくなるため、ママに「めっ!」とか「いけない子でちゅね!」とか言われてお尻ぺんぺんされることに興奮する男性も多いようですね。

赤ちゃんプレイをする中年男性の盗撮

さて赤ちゃんプレイの具体的なやり方ですが、母乳風俗好きな男性ならまず授乳プレイは外せませんよね。授乳をきっかけに赤ちゃんプレイにハマったという人も多いのではないでしょうか。

授乳のやり方にはいろいろありますが、やはり人気が高いのはママの本物の乳首を吸ってダイレクトに母乳を飲ませてもらう方法でしょう。口の周りを甘い白濁ミルクでベトベトにしながら乳首にチューチュー吸いつき、ングング喉を鳴らして飲み干す母乳のおいしさはまた格別。こたえられない悦びです。

また、哺乳瓶でミルクを飲ませてもらうのも人気のスタイルです。プレイで使う哺乳瓶は、薬局やスーパーで市販されている通常の赤ちゃん用哺乳瓶で十分に代用できます。

本物の赤ちゃんのように抱きかかえてもらうことはできませんが、膝に乗せてもらったり、もたれさせてもらったりといったポーズで授乳してもらうだけで赤ちゃん気分をたっぷり満喫できちゃいます。母乳好きな男性はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

授乳と一緒に楽しみたい赤ちゃんプレイあれこれ

おむつプレイ

授乳プレイ以外にはこんな楽しみ方があります。


おむつプレイ

赤ちゃんプレイでおむつ着用は、ムード作りのためにも、プレイをするためにも必須です。ママ役にちんぐり返しをさせられて、恥ずかしい部分をまじまじと見られながらおむつを着けられるのはかなりの羞恥プレイ。Mっ気がある男性にはたまらないはずです。

おむつは赤ちゃんプレイ用のものがあるので、それを用意しましょう。大人が排泄しても平気な大きさなので、排泄プレイにも耐えられます。専用おむつを使うことで、赤ちゃんプレイの雰囲気をより楽しめます。

おむつをはめた状態での授乳は赤ちゃんプレイならではの醍醐味です。


排泄プレイ

ママの母乳をいっぱい飲んで水分を摂取したら、おしっこがしたくなるはず。赤ちゃんになってせっかくおむつをしているのですから、そのままおむつに排尿しちゃいましょう。

普段はトイレでする排泄をおむつの中で行うのは、慣れないうちは簡単ではありません。なかなかうまくできない可能性が高いです。しかし、それもまた赤ちゃんプレイの醍醐味。ここは恥ずかしさを捨てて、思いきって自分を解放してみてはいかが?


授乳手コキ

授乳手コキ

赤ちゃんプレイにおけるフィニッシュの仕方にはいろいろあります。

あくまでも赤ちゃんなので射精はしないでプレイを終了するというパターンもあります。癒しやストレス解消を目的に赤ちゃんプレイを行う男性(そういう人は少なくありません)は、大抵の場合、最後まで抜かなかったりします。

とは言え、母乳風俗ではやっぱり最後はすっきり抜いてもらいたいですよね。

そこで人気なのが、授乳手コキです。

授乳手コキとは、ママにひざ枕されて、おっぱいをチュパチュパと吸いながら手コキしてもらうプレイ。

「よちよち、おっきいでちゅね~」

などと言いながら、興奮で勃起したペニスを優しい手コキで射精に導かれて

「いっぱい出たね~。えらいね~」

と褒めてもらうというのが一般的なパターンでしょう。

また、通常は赤ちゃんに勃起などあり得ませんから、ペニスが固くなったら

「こんなに大きくしちゃって……お仕置きでちゅよ」

などと言って、お尻をペンペン叩きながら授乳手コキをするとか

「どうちたの? オチ〇チン腫れてるねー。ウミを出しまちゅよー」

と言いながら授乳手コキ……といったパターンもあります。

母乳好きのための赤ちゃんプレイ講座まとめ

赤ちゃんプレイで母乳を吸う男性

幼児プレイの一種である「赤ちゃんプレイ」は奥が深く、母乳プレイ以外にもいろいろな楽しみ方があることがお分かりいただけたかと思います。

赤ちゃんプレイは女性が持つ「母性」をくすぐる性的なロールプレイです。つまり、出産直後の母性がキュンキュンしているママと遊ぶにはうってつけのプレイ。

母乳風俗好きには赤ちゃんプレイ経験者が多いと思いますが、もしもまだ経験したことがないならやってみてはいかがですか?

もしかしたら、ハマってしまうかもしれませんよ。

【関連記事】

母乳プレイにおける「授乳手コキ」の魅力

赤ちゃんプレイをするなら「授乳手コキエステ」がおすすめ

母乳が出る風俗嬢一覧