ホルスタイン級風俗嬢と哺乳プレイ体験

ついにこの間、母乳が出る風俗嬢とプレイを楽しんでしまいました。

私は31歳サラリーマンですが、風俗とは縁のない生活を送っていました。自分から好んで風俗に行ったことはないのですが、仕事でのストレスから、なにかしらのストレス発散をしないと気が持たないと思い、風俗に行くことに決めたのです。

場所は東京の郊外が良いと思い、風俗街として有名な西川口を選びました。 普段は少し年下の20代女性と遊んでいるので、熟女に癒してもらおうと人妻専門店のホームページを見ていると、【母乳】が出る人妻の風俗嬢がいるとあります。

母乳にあまり興味もなかったのですが、母乳を体験してみようと思い、母乳プレイが可能な嬢を選ぶことにしました。

ラブホに着くと、ホームページで選んだ人妻が部屋をノックしてきました。

彼女の名前はアサミ、28歳で人妻です。 最近、出産をして復帰したと言っていました。

【エロっぽい体つき】というホームページの文言に嘘はありませんでした。 「出産をしてからいやらしい体つきになって……」と言う彼女の体はなまめかしいエロスそのものでした。


母乳が出る風俗嬢一覧を見る


左右のおっぱいを交互にしゃぶってガブ飲み!

まず、いきなり濃いディープキス。 我慢できずにブラウスを脱がすと、ホルスタイン級の巨乳。

私はそれだけでペニスがギンギンです。 急いでブラジャーを外そうとすると、「恥ずかしい。授乳中で、すごく張っていて苦しいの……」とアサミ。

「吸って楽にしてあげるよ」とブラジャーを外しました。

乳輪が肥大して乳首の大きく長くなっていて、いやらしいのなんの。おっぱいに吸い付くと出るわ、出るわ母乳があふれ出します。 アサミ本人に乳首をつまんでピューっと母乳が出るところも見せてもらいました。

そこまでおっぱいフェチでもない私ですが、興奮のあまり、たまらず口をあけてピューっと出てくる母乳を飲ませてもらったあと、乳首に吸い付きました。 左と右それぞれ吸いまくり、舌でレロレロ。

「ああんっ、舌は使わなくていいのに~」と言いながらもすごく感じているようでした。 両手でおっぱいを揉みしだきながら吸っていると、アサミは「いや…ああんっ!おっぱい感じちゃう」と喘ぎ始め「私、本当はすごく欲求不満で……」と恥ずかしそうに打ち明けました。

「もったいないなあ。俺に任せて」

そういうとアサミを全裸にしたあと、クンニをしました。

アサミは「いやー。恥ずかしい。」と言いました。興奮した私は「自分でおまんこを広げて見せて」とアサミにと命じました。

アサミは言われた通りにおまんこを広げてくれました。 意外ときれいなサーモンピンクのおまんこが、口を広げています。 「うわー。びしょびしょだな。」と言うと「いやー。言わないで。本当に恥ずかしいの」とアサミ。

私はたまらず、アサミにフェラチオをしてくれるよう頼み、チ〇ポをしゃぶってもらいました。

母乳が出る風俗嬢一覧